更新日時 : 2021年10月15日 16:32

増担保規制銘柄

 増担保規制解除履歴
コード銘柄名10/15
終値
10/18の解除ライン
乖離+15%未満
クリア日数規制発動日該当基準規制内容
乖離信残
3936(株)グローバルウェイ3,905円3,203.51円未満--2021-10-182.信用取引売買比率基準「ロ」信用取引による新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)とする。
7585(株)かんなん丸724円693.52円未満012021-10-152.信用取引売買比率基準「ロ」信用取引による新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)とする。
8260(株)井筒屋308円337円未満45以上2021-10-012.信用取引売買比率基準「ロ」信用取引による新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)とする。
7063(株)Birdman1,917円1,993.57円未満35以上2021-09-222.売買回転率基準「ロ」信用取引による新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を70%以上(うち現金40%以上)とする。
7072(株)インティメート・マージャー2,498円2,399.76円未満05以上2021-08-272.信用取引売買比率基準「ロ」信用取引による新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を70%以上(うち現金40%以上)とする。

増担保規制の解除基準乖離(25DMA乖離率)信残(信用残高比率)のクリア日数の両方が5以上となることが増担保規制が解除されるために必要な条件となります。条件を満たすとほとんどのケースで解除されますが、例外的に東証の判断で解除されない事もあります。

日々公表銘柄

 日々公表解除履歴
コード銘柄名10/15
終値
10/18の危険ライン
乖離+30%以上
危険ライン
超過カウント
10/18の解除ライン
乖離+15%未満
クリア日数公開開始日
乖離信残
7021(株)ニッチツ3,665円3,259.16円以上3以上2,864.97円未満002021-09-30
3498霞ヶ関キャピタル(株)3,130円3,189.39円以上12,803.64円未満042021-10-11
4673川崎地質(株)4,640円5,032.26円以上04,423.62円未満012021-10-14
3927(株)フーバーブレイン1,098円1,135.88円以上0998.50円未満012021-10-14
6083ERIホールディングス(株)1,487円1,696.80円以上01,491.58円未満002021-10-06
7050(株)フロンティアインターナシ..2,908円3,730.78円以上03,279.55円未満332021-09-16
3996サインポスト(株)1,411円1,598.29円以上01,404.98円未満05以上2021-09-16
4169ENECHANGE(株)4,995円5,177.24円以上04,551.06円未満05以上2021-09-15
6255(株)エヌ・ピー・シー713円975.55円以上0857.56円未満5以上02021-09-10
5820(株)三ッ星2,934円3,930.72円以上03,455.30円未満5以上02021-09-07
5759日本電解(株)3,320円4,604.85円以上04,047.90円未満5以上02021-07-13
8256(株)プロルート丸光274円395.21円以上0347.41円未満5以上02021-07-12
7699オムニ・プラス・システム922円1,282.01円以上01,126.95円未満5以上02021-06-30
2667(株)イメージ ワン867円1,192.11円以上01,047.92円未満5以上02021-05-31
9425日本テレホン(株)432円550.77円以上0484.16円未満5以上02021-05-28
4764Nexus Bank(株)139円189.51円以上0166.59円未満5以上02021-05-24
2929(株)ファーマフーズ2,596円3,501.77円以上03,078.24円未満5以上02021-05-17
9878(株)セキド1,503円2,212.47円以上01,944.87円未満5以上02021-04-26
7361(株)ヒューマンクリエイション..2,643円3,651.19円以上03,209.58円未満5以上02021-03-17
6659(株)メディアリンクス419円491.15円以上0431.74円未満102020-09-08
7859(株)アルメディオ156円206.52円以上0181.54円未満5以上02019-03-27

増担保適用基準 : 日々公表銘柄のうち乖離+30%以上の危険ライン超過カウントが3以上(連続3営業日以上)となると、増担保規制(信用取引に係る委託保証金率の引き上げ措置)の対象銘柄になる可能性があります。

日々公表の解除基準乖離(25DMA乖離率)信残(信用残高比率)のクリア日数の両方が5以上となると日々公表が解除される可能性が高くなります。